ブランドの買取をしてもらう【BRAND取引マネー】

インゴット買取とは

インゴット買取のための豆知識

金属の塊のことをインゴットと言います。 金の延べ棒というのは、金のインゴットのことです。 一般的には、金、白金、銀など、投資や資産のために売買されているインゴットが知られています。 特に、金と白金は、最近の世界的な経済不安の中、安定した資産として価値が高まっています。 税制改正により、平成24年1月以降は、200万円以上のインゴットの売却があった場合、買取業者に支払調書を提出する義務が生じます。 しかし、支払調書の提出に抵抗がある人も多いため、インゴットを分割加工してくれる買取業者もいます。 買取業者が分割加工したインゴットは、1固体あたりの売買金額も分割されます。 そのため、取引金額を200万円以下に抑えることができ、買取業者は支払調書を提出する必要がなくなるのです。

純金のインゴットの買取というものは

純金のインゴットというものは、買取をしてくれるところはありますが、まず現金で買うのが大変です。 大きさにもよるのですが、純金であれば相当な金額になってしまうからです。ですから、買取を依頼して、お金を用意してもらう必要があるのです。言うまでもありませんが、貴金属ですから、買取をしてくれる業者はあるのです。しかし、あまりにも高価すぎるのでその場で即金というわけにはいかないことが多いです。 銀のインゴット程度であれば、安いので買取も楽なのですが、純金はかなり難しいです。インゴットの鑑定も必要になりますし、現金も用意するために時間がかかります。純金のインゴットというのは、どこが作ったのかがとても重要です。その鑑定、確認をするのです。